発表奨励賞

  • HOME »
  • 発表奨励賞

第4回(2016年度)応用物理学会東海支部 学術講演会発表奨励賞 受賞者紹介

(公社) 応用物理学会 東海支部 支部長 宮崎 誠一

本支部では、2016年10月29日に名古屋大学で開催した応用物理学会SC東海地区学術講演会2016発表者の中から、第4回の受賞者を選出しました。審査対象条件を満足した講演59件すべてについて、講演会に参加した応物正会員(学生会員を除く、座長、幹事、指導教員を含む合計14名)による評価を実施し、東海支部学術講演会発表奨励賞選考委員会において慎重に審議した結果、下記の6名が選ばれました。

第4回東海支部学術講演会発表奨励賞受賞者(敬称略)

発表奨励賞受賞者
(所属)
講演番号 講演題目
中村 伊吹
(名大院工)
A5 トポロジカル絶縁体CaAgAs薄膜の分子線エピタキシー成長
山本 泰史
(名大院工)
B11 XPSを用いたSiO2およびGeO2の誘電関数・光学定数の評価手法の検討
廣瀬 将人
(中部大工)
P6 Cu2ZnSnSe4膜の結晶成長におよぼす水素分圧の影響
加藤 祐介
(名大院工)
P10 Ti薄膜およびTiナノドットを埋め込んだNi/SiOx/Ni電気抵抗スイッチング
伊藤 公一
(名大院工)
P12 SiおよびSiGe上に形成したAg表面の化学分析
堀田 将也
(中部大工)
P18 カーリンググローブの小型化

第4回(2016年度)応用物理学会「東海支部学術講演会発表奨励賞」選考委員

委員長:宮崎誠一(名大)
委 員:平松美根男(名城大)、西澤典彦(名大)、伊藤昌文(名城大)、宇治原徹(名大)、佐藤英樹(三重大)、大脇健史(名城大)、天野 浩(名大)、生田博志(名大)、池田浩也(静大)、伊藤貴司(岐阜大)、岩田 聡(名大)、植田研二(名大)、江龍修(名工大)、荻野明久(静大)、小野晋吾(名工大)、櫛田知義(トヨタ自動車)、久米徹二(岐阜大)、小島 淳(デンソー)、近藤英一(山梨大)、近藤博基(名大)、後藤英雄(中部大)、齋藤弥八(名大)、澤田和明(豊技大)、竹尾 隆(三重大)、竹田康彦(豊田中研)、田澤真人(産総研)、立岡浩一(静大)、田中 功(山梨大)、種村眞幸(名工大)、筑本知子(中部大)、土谷 徹(豊技大)、豊田浩孝(名大)、中塚 理(名大)、中野寛之(愛工大)、中村圭二(中部大)、鍋谷暢一(山梨大)、新津葵一(名大)、羽渕仁恵(岐阜高専)、早川泰弘(静大)、藤原裕司(三重大)、堀 勝(名大)、牧原克典(名大)、松井龍之介(三重大)、三宅秀人(三重大)、吉田 隆(名大)、吉村雅満(豊田工大)、若原昭浩(豊技大)

第3回東海支部学術講演会発表奨励賞受賞者(敬称略)

発表奨励賞受賞者
(所属)
講演番号 講演題目
所 研太
(三重大院工)
A4 スパッタ法AlNの熱処理による高品質化
川口 直樹
(名大院工)
A10 CaMn2Bi2の磁気構造及び磁気輸送特性に対する元素置換効果
堀井 辰衛
(山梨大院医工総教)
B5 1000 S/cmを超えるPEDOT/PSSの合成と電気特性
森 洋介
(名城大院理工)
P4 酸素ラジカル照射溶液によるマウス線維芽細胞の増殖能への影響
小林 潤
(名城大院理工)
P8 酸素ラジカル照射による溶液中の酵母細胞への効果
近藤 圭悟
(名大院工)
P20 GeコアSi量子ドットのフォトルミネッセンス特性―温度依存性

第3回(2015年度)応用物理学会「東海支部学術講演会発表奨励賞」選考委員

委員長:宮崎誠一(名大)
委 員:平松美根男(名城大)、西澤典彦(名大)、伊藤昌文(名城大)、宇治原徹(名大)、佐藤英樹(三重大)、大脇健史(名城大)、天野 浩(名大)、生田博志(名大)、池田浩也(静大)、伊藤貴司(岐阜大)、岩田 聡(名大)、植田研二(名大)、江龍修(名工大)、荻野明久(静大)、小野晋吾(名工大)、櫛田知義(トヨタ自動車)、久米徹二(岐阜大)、小島 淳(デンソー)、近藤英一(山梨大)、近藤博基(名大)、後藤英雄(中部大)、齋藤弥八(名大)、澤田和明(豊技大)、竹尾 隆(三重大)、竹田康彦(豊田中研)、田澤真人(産総研)、立岡浩一(静大)、田中 功(山梨大)、種村眞幸(名工大)、筑本知子(中部大)、土谷 徹(豊技大)、豊田浩孝(名大)、中塚 理(名大)、中野寛之(愛工大)、中村圭二(中部大)、鍋谷暢一(山梨大)、新津葵一(名大)、羽渕仁恵(岐阜高専)、早川泰弘(静大)、藤原裕司(三重大)、堀 勝(名大)、牧原克典(名大)、松井龍之介(三重大)、三宅秀人(三重大)、吉田 隆(名大)、吉村雅満(豊田工大)、若原昭浩(豊技大)

第2回東海支部学術講演会発表奨励賞受賞者(敬称略)

発表奨励賞受賞者
(所属)
講演番号 講演題目
(受賞者以外の共著者の所属:共著者)
浅野 孝典
(名大院工)
A8 Ge1-x-ySixSnyエピタキシャル層の結晶性の歪構造依存性
(名大院工:寺島達也、山羽隆、田岡紀之、竹内和歌奈、中塚理、財満鎭明)
高原 渉
(名大院工)
B12 強磁場スパッタ法を用いたCrN薄膜の作製と評価
(名大院工:畑野敬史、生田博志)
藤本 亮祐
(名大院工)
B4 CaFe2As2系薄膜の分子線エピタキシー成長
(名大院工:山羽隆、小田裕貴、黒澤昌志、田岡紀之、中塚理、財満鎭明)
野村 佳孝
(名大院工)
P7 超短パルスファイバレーザーベースのスーパーコンティニューム光を用いた波長0.8 μm帯超高分解能光コヒーレンストモグラフィ
(名大院工1、産総研2:服部雄治1、安藤栄充1、川越寛之1、山中真仁1、榊原陽一2、面田恵美子2、片浦弘道2、西澤典彦1)
伊藤 慎太郎
(名大院工)
P9 時間依存するGintzburg Landau方程式を用いた超伝導体内の欠陥形状が超伝導特性に及ぼす影響の検討
(名大院工1、名大エコ研2:一野祐亮1,2、吉田隆1)
田村 彰
(名大院工)
P20 加圧MOVPE法を用いた半極性面上InGaN/GaN多重量子井戸の成長
(名大院工1、赤﨑記念研究センター2:本田善央1,2、天野浩1,2)

第2回(2014年度)応用物理学会「東海支部学術講演会発表奨励賞」選考委員

委員長:平松美根男(名城大)
委 員:宮崎誠一(名大)、西澤典彦(名大)、伊藤昌文(名城大)、宇治原徹(名大)、佐藤英樹(三重大)、大脇健史(名城大)、天野浩(名大)、生田博志(名大)、池田浩也(静大)、伊藤貴司(岐阜大)、岩田聡(名大)、植田研二(名大)、江龍修(名工大)、荻野明久(静大)、小野晋吾(名工大)、櫛田知義(トヨタ自動車)、久米徹二(岐阜大)、小島淳(デンソー)、近藤英一(山梨大)、近藤博基(名大)、後藤英雄(中部大)、齋藤弥八(名大)、澤田和明(豊技大)、竹尾隆(三重大)、竹田康彦(豊田中研)、田澤真人(産総研)、立岡浩一(静大)、田中功(山梨大)、種村眞幸(名工大)、筑本知子(中部大)、土谷徹(豊技大)、豊田浩孝(名大)、中塚理(名大)、中野寛之(愛工大)、中村圭二(中部大)、鍋谷暢一(山梨大)、新津葵一(名大)、羽渕仁恵(岐阜高専)、早川泰弘(静大)、藤原裕司(三重大)、堀勝(名大)、牧原克典(名大)、松井龍之介(三重大)、三宅秀人(三重大)、吉田隆(名大)、吉村雅満(豊田工大)、若原昭浩(豊技大)

第1回東海支部学術講演会発表奨励賞受賞者(敬称略)

発表奨励賞受賞者
(所属)
講演題目
(受賞者以外の共著者の所属:共著者)
市橋 史朗
(名大院工)
第三世代太陽電池開発に向けた伝導電子エネルギーの測定
(名大院工:志村大樹、谷健治、桒原真人、伊藤孝寛、原田俊太、田川美穂、宇治原徹)
長池 健
(名大院工)
カーボンナノチューブポリイミドフィルムを用いたエルビウム添加ファイバレーザーの分散制御による光コムのオフセット周波数狭線幅化
(名大院工1、産総研2、JST CREST3:荒巻光利1、榊原陽一2,3、面田恵美子2、片浦弘道2,3、西澤典彦1)
寺澤 謙吾
(名大院工)
Ge1-x-ySnxCy混晶薄膜のエピタキシャル成長および結晶構造評価
(名大院工:山羽隆、小田裕貴、黒澤昌志、田岡紀之、中塚理、財満鎭明)
柴山 茂久
(名大院工)
Al2O3/Ge構造の後熱酸化によるAlGeO形成にともなう界面特性の改善
(名大院工:加藤公彦、坂下満男、竹内和歌奈、田岡紀之、中塚理、財満鎭明)
竹内 大智
(名大院工)
導電性AFM探針によるSiナノ結晶/柱状Siナノ構造からの電子放出特性評価
(名大院工1、広大院先端研2、日新電機3:牧原克典1、池田弥央2、宮崎誠一1、可貴裕和3、林司3)

応用物理学会東海支部 学術講演会発表奨励賞規程

(趣旨)
第1条 この規程は、公益社団法人 応用物理学会東海支部(以下「支部」という。)が、若手支部会員に対して行う支部学術講演会発表奨励賞(以下「発表奨励賞」という。)について必要な事項を定めるものとする。

(目的)
第2条 本表彰は、支部が主催または共同主催する学術講演会において、応用物理学の発展に貢献しうる優秀な講演を行った若手会員に対し、発表奨励賞を授与し、その功績をたたえることを目的とする。

(審査対象者)
第3条 審査対象者は、支部学術講演会で講演を行った本支部会員であり、かつ過去にこの賞を受賞していない者であって、次の各号を満たす者とする。
(1) 学生または、発表時点で満30才未満である者
(2) 講演論文の筆頭者である者
(3) 登録された登壇者であり、かつ実際に登壇した者
(4) 登録時に発表奨励賞審査の申請をした者

(受賞者の決定)
第4条 受賞者の決定は、支部役員会において選考の上、決定するものとする。
1.支部役員会は、第5条第1項により選定された審査員による点数評価に基づき、受賞対象者の将来性を考慮して審議する。
2.受賞者は数名程度とする。

(審査員の選定と講演の評価)
第5条 審査員は、支部役員会が選定するものとする。
1.審査員の数は、講演1件につき2人以上とする。
2.審査員は、採点票に基づき講演の点数評価を行う。

(表彰の時期)
第6条 表彰は、受賞決定後速やかに支部長名にて行うものとする。

(公表)
第7条 支部長は、受賞者決定後速やかに会誌および支部ホームページで公表する。

(雑則)
第8条 この規程に定めるもののほか、発表奨励賞について必要な事項は、支部役員会および支部総会の承認を経て、別に定めることができる。

補則 この規程は 2014年1月11日から施行する。

2014年2月14日 応用物理学会定例理事会 承認

おもしろ理科教室in名古屋大学

書籍のご紹介

身近な素材で楽しむ工作教室-作って、遊んで、理科がわかる!の表紙
東海支部のリフレッシュ理科教室の工作が、「身近な素材で楽しむ工作教室-作って、遊んで、理科がわかる!-」として出版されました。

PAGETOP
Copyright © 応用物理学会東海支部HP All Rights Reserved.