支部長挨拶

  • HOME »
  • 支部長挨拶

2019年4月1日より、応用物理学会東海支部の支部長を拝命しました。名古屋工業大学工学研究科、江龍で御座います。学生時代から応用物理学会には育てて頂きました。諸先輩方へのご恩返しと思い、大役を引き受けさせて頂きました。

東海支部は、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県および山梨県の企業や大学に所属する応用物理学会の会員で構成されており、会員数は2,000名を超えています。東海地域では、日本のものづくり産業を支えている企業や大学が数多く存在し、研究・開発や製造が活発に行われています。東海支部では、講演会やセミナーを通して支部に在籍する会員の研究・開発活動を支援すること、および理科啓発などの社会貢献活動を行うことを任務としています。

回折結晶学や超微粒子研究などで応用物理学会に貢献された故上田良二先生の遺志を継いだ上田記念講演会や、学生主体の東海地区スチューデントチャプター(SC)の講演会活動の積極的支援、企業の若手研究者や学生を主な対象とした基礎セミナーを行っています。

また、小中高校生やその教員を対象とし、赤﨑勇先生と天野浩先生のノーベル物理学賞受賞を記念した赤﨑・天野記念LEDスクールや、実験工作の体験学習を通して理科や最新の科学技術に親しむリフレッシュ理科教室を開催しています。

今後も、これらの活動をさらに発展させ、推進する所存です。支部活動は、支部会員の皆様および賛助会員の皆様のご支援とご協力に支えられています。今後も皆様から忌憚のないご意見をいただき、それを支部活動・支部運営に反映させたいと思っております。

支部長 江龍 修(名古屋工業大学)

 

 

 

 

おもしろ理科教室in名古屋大学

書籍のご紹介

作って、遊んで、理科がわかる 続身近な素材で楽しむ工作教室の表紙
2009年に発刊された「身近な素材で楽しむ工作教室」- 作って、遊んで、理科がわかる!の続編が日本評論社より出版されました。

PAGETOP
Copyright © 応用物理学会東海支部HP All Rights Reserved.